古銭買取でプレミア価格がつくものは

最近、古銭買取がさかんに行われていますがどんなものに高値がつくのでしょうか。古銭とは現在発行されていない紙幣や硬貨のことで、流通も止まっています。そのためお金としては価値はありませんが、収集物としてコレクターの間で人気があります。発行数の少ないものや歴史的価値がつくものはプレミア価格がつき、額面よりはるかに高値になります。たとえば小判は江戸時代に使われていた金貨で、歴史的に有名です。時代によって金の含有量が違ってきますが、高値で取引されています。特に、戦国時代から安土桃山時代に流通した天正菱大判はプレミアものです。江戸時代に流通した穴銭も価値があります。名前の通り、硬貨に穴があいており時代劇でも目にすることも多いでしょう。寛永通宝の穴銭は有名で、高価買取されています。また江戸時代だけでなくそれ以前の奈良時代の和同開珎なども高値がつきます。日本で公式に製造された古銭は高値ができますので、お持ちの方は一度査定してもらうとよいでしょう。